Uncategorized

【第二新卒】経理やってみたいかも…未経験でも転職は可能です

  1. 経理職における未経験者が学ぶべき基礎的な知識とは何か。
  2. 経理・会計の基本的な用語や概念(簿記、貸借対照表など)の解説。
  3. 経理業務で使用される主要なツールやソフトウェア、特にMicrosoft Excelや経理ソフトウェアなど。
  4. 経理の日常業務の流れやタスク、それに伴う時間帯別の業務内容。
  5. 経理業務での一般的なトラブルや問題、およびそれらの対処法や予防策。

1. 第二新卒で経理に転職するメリット

こんにちは!第二新卒の皆さん、新しいキャリアパスとして経理を考えたことはありますか?経理って、一見難しそう…でも、実はとっても面白いんです。経理の世界を少し覗いてみませんか?

1-1. 経理の基本的な仕事内容とは

経理の仕事は一言でいうと、お金の出入りを記録し、管理すること。でも、それだけじゃありません。経理は会社のお金の流れを把握し、経営のサポートもする大切なポジションなんです。このセクションでは、経理の基本的な業務について詳しくお話します。

経理の主な業務内容
  1. 財務データの管理:収入、支出、利益など、企業のお金に関するデータを正確に記録・管理します。
  2. 予算の作成と分析:各部門からの予算要求をまとめ、企業全体の予算を作成し、実績との対比を行います。
  3. 決算業務:定期的に財務諸表を作成し、企業の財務状況を把握し、外部に公表します。
  4. 税務処理:税金の計算から支払い、税務申告までを行います。
経理の役割と重要性

経理は、企業の経済活動を数値で表し、経営者やステークホルダーに対して企業の財務状況を明確に伝える役割を持っています。また、法定に基づく税務申告を適切に行い、企業の法的コンプライアンスを支えます。

1-2. 経理で身につくスキルと将来性

経理の世界は、数字と向き合い、企業の財務を正確に管理する、非常に要求されるスキルセットを持つ職種です。第二新卒や未経験者が経理の道を選ぶ際、多くの疑問や不安があるかもしれません。しかし、経理には未経験からでもスタートできるチャンスが豊富にあります。では、経理で身につくスキルとその将来性にはどのようなものがあるのでしょうか?

経理で身につくスキル
  1. 財務管理能力:企業の収益と支出を把握し、適切な予算管理を行います。
  2. コミュニケーション能力:他部署や取引先との円滑なコミュニケーションを図ります。
  3. 分析力:財務データを分析し、企業の財務状況を評価します。
  4. 法規制の理解:税法や会計基準に基づいた正確な記帳を行います。
経理の将来性

経理は、企業運営において欠かせないポジションであり、そのスキルは多岐にわたる業界で求められています。特に、第二新卒や未経験者が経理職に転職するケースは多く、多くの企業が経理職において未経験者を歓迎しています。経理スキルを身につけることで、将来的には財務マネージャーやCFO(最高財務責任者)といったポジションへの道も開けます。

経理へのステップ

未経験から経理への道は、専門的な知識を学びながら実務経験を積むことが一般的です。多くの企業がOJT(On the Job Training)を提供しており、実務を通じて経理スキルを身につけることができます。また、簿記の資格を取得することで、基礎的な知識を理解し、キャリアアップを図ることも可能です。

1-3. 未経験から経理に転職した事例(筆者の体験談)

「でも、私、経理の経験なんてないし…」そんな声もあるかもしれませんね。でも安心してください、未経験から経理に転職して、今、活躍している人もたくさんいます。この記事を書いている私も未経験で経理へ転職した身です。SE→経理へ転職しましたがやはり最初は不安でした。

・経験がない職種へ転職など果たして可能なのか

・20代半ばの社会人歴が浅いほぼ学生の人間を中途として雇ってくれるのか

いろんな不安を抱えながら転職活動に臨みましたが、現在私が言えることは一つです。

未経験だろうが社会人歴が浅かろうが経理へ転職は十分可能!

私は右も左もわからず転職活動を行っていたため、かなり遠回りしましたが、皆さんには最短最速で転職を成功してほしいので、私の経験からすべてのノウハウをこのブログを通じて発信していきます。今後も記事をたくさん出していく予定ですのでお楽しみに!

1-4. 経理に求められる資格とスキル

1. 経理に求められる基本的な資格
  • 簿記資格:経理の基本となる知識を証明する資格で、特に簿記3級以上が求められることが多いです。
  • ファイナンシャルプランナー(FP):財務計画に関する専門的な知識を持つ資格です。

これらの資格は、経理の基本的な業務を理解し、実務で活かすためのものとなります。私の肌感では転職活動を行う前に日商簿記二級の取得はマストです。

2. 経理に必要なスキル
  • PCスキル:Excelをはじめとするオフィスツールのスキルは、経理業務をスムーズに進める上で不可欠です。
  • コミュニケーションスキル:他部門との調整や、外部の取引先とのやりとりもあるため、コミュニケーション能力も重要となります。
  • 正確性:数字の取り扱いが多いため、一つ一つの作業を丁寧かつ正確に行う能力が求められます。

PCスキルの証明にはMOSがオススメ!それほど難しくないのでサクッと取得しておきましょう

3. 経理のキャリアパスと将来性

経理のスキルを身につけることで、将来的には財務や会計の専門家として、または経営層として活躍する道も広がります。経理の知識は、企業の財務状況を理解し、経営判断に活かす上で非常に重要なため、多くの企業で重宝されます。

2. 経理職未経験者が押さえておくべき基礎知識

こんにちは!経理職への興味、素晴らしいですね。経理の仕事は会社のお金の流れを管理し、経営をサポートする大切な役割を果たします。では、具体的にどんな知識が必要なのでしょうか。

2-1. 経理・会計の基本用語解説

経理・会計の世界は、特有の用語やジャーゴンが多く、初めてこのフィールドに足を踏み入れる「第二新卒 経理 未経験」の方々にとって、一見複雑に感じるかもしれません。しかし、基本的な用語を理解することで、経理業務の流れや、企業の財務状況を把握する手助けとなります。ここでは、経理・会計の基本用語をシンプルに解説していきます。

1. 簿記(ぼき) 簿記は、企業の収支を記録するためのシステムです。これには、「借方」と「貸方」の2つの側面があり、企業のお金の動き(取引)を整理し、財務諸表を作成する基盤となります。

2. 貸借対照表(バランスシート) 企業の財産(資産)と、その資産をどのように調達しているか(負債・資本)を一定期間でスナップショットとして表したものです。

3. 損益計算書(プロフィット・アンド・ロス・ステートメント) 一定期間(通常は1年)における企業の収益と費用を示し、その期間の利益または損失を計算する文書です。

4. キャッシュフロー計算書 企業が一定期間に得た現金と、その使用方法を示す文書です。オペレーティング(運転資本)、インベスティング(投資)、フィナンシング(資金調達)の3つのアクティビティに分けられます。

5. 仕訳(じわけ) 企業の取引を簿記の言葉で表現し、記録することを指します。すべての取引は、借方と貸方に分けて記録されます。

6. 原価計算 商品やサービスのコストを計算する方法です。これには、直接材料費、直接労務費、間接費用などが含まれます。

7. 会計年度 企業が財務諸表を作成する期間を指します。多くの企業では、1年間を会計年度と定義しています。

8. 減価償却 資産(例えば、機械やビル)が経時的に価値を失うことを、会計上で表現したものです。

9. 仕入れ 企業が商品を製造または販売するために購入する材料や商品のことを指します。

10. 売上高 企業が商品やサービスの販売から得る収益のことを指します。

これらの基本用語は、経理・会計の世界を理解する第一歩となります。特に、「第二新卒 経理 未経験」の方々が新しいキャリアをスタートさせる上で、これらの用語を押さえておくことは大切です。経理・会計の知識は、企業の財務健全性を評価し、ビジネスの方向性を理解する上で不可欠な要素となります。これからのキャリアに役立ててください。

2-2. 経理業務で使う主要なツールとソフトウェア

経理というと数字と向き合うイメージが強いかもしれませんが、現代の経理業務は、様々なツールやソフトウェアを駆使して効率化が進められています。新しいキャリアをスタートさせる上で、これらのツールを理解し、使いこなすことは非常に重要です。ここでは、経理業務で頻繁に利用される主要なツールとソフトウェアについて解説します。

へー経理ってこんなソフト使ってるんだぁくらいにとどめておいていただいて結構です。

1. Microsoft Excel 経理業務においては、データの整理や計算が頻繁に行われます。Microsoft Excelは、その多様な機能と拡張性から、多くの経理担当者に利用されています。関数を使った複雑な計算も可能で、データ分析の際にも強力なサポートを提供します。

2. 経理ソフトウェア

  • 会計freee: クラウド型の会計ソフトで、小規模企業から中規模企業まで幅広く利用されています。レシートのスキャン機能や、複数の銀行口座との連携機能など、経理業務を効率化する多くの機能を持っています。
  • 弥生会計: 利用者が多いローカル型の会計ソフトウェアで、初心者にも分かりやすいUIが特徴です。基本的な経理業務から税務申告まで、多くの機能をカバーしています。

3. クラウドストレージ データのバックアップや共有のために、Google DriveやDropboxなどのクラウドストレージを利用する企業も増えています。リモートワークの増加と共に、オンラインでのデータアクセスが重要になっています。

4. 会計事務所とのオンラインコミュニケーションツール ZoomやTeamsなど、オンラインでのコミュニケーションツールを利用して、会計事務所と定期的にコンタクトをとることもあります。確定申告の時期など、リアルタイムで情報共有を行うことができます。

5. 電子決済ツール キャッシュレス化が進む中、電子決済ツールも経理業務において重要な位置を占めています。PayPalやSquareなど、取引の記録をデジタル化し、効率的な管理をサポートしています。

これらのツールやソフトウェアを適切に利用することで、経理業務は格段にスムーズになります。特に未経験者がスキルを身につける過程で、これらのツールを理解し、活用することは大切です。経理業務のデジタルトランスフォーメーションを進め、企業の成長をバックアップしましょう。

2-3. 経理の日常:一日の流れとタスク

経理という職種は、企業の財務を正確に把握し、適切な経済的意思決定をサポートする重要な役割を果たしています。特に「第二新卒 経理 未経験」というキーワードで検索を行うと、多くの求人情報やキャリア形成に関するアドバイスが見つかります。では、経理の日常とはどのようなものなのでしょうか。一日の流れとタスクについて掘り下げていきましょう。

朝のタスク:データのチェックと整理 経理の一日は、前日に発生した取引のデータチェックから始まります。これには、売上データ、支出データ、銀行の入出金データなどが含まれます。データの正確性を確認し、必要に応じて他部門と連携をとり、データを整理・修正します。

昼のタスク:レポート作成と分析 データが整理されたら、次はレポート作成です。これには、日次の財務レポート、キャッシュフローレポートなどが含まれ、これらのレポートを上層部や他部門と共有します。また、数字の背後にあるストーリーや課題を分析し、必要なアクションを計画します。

午後のタスク:コミュニケーションと計画 午後は、他部門とのミーティングやコミュニケーションが中心となります。予算や支出に関する相談、プロジェクトのコスト管理、将来の財務計画など、多岐にわたるトピックが話し合われます。また、月末、四半期末、年末といったクロージング作業に向けた準備も進めます。

終業時のタスク:確認と整理 一日の終わりには、再度データをチェックし、翌日のタスクを整理します。また、メールやドキュメントの整理も行い、次の日にスムーズに業務を開始できるよう準備をします。

経理は、数字を通じて企業の「健康」をチェックし、経営陣に対して貴重なフィードバックを提供します。また、コスト管理や予算作成を通じて、企業の将来を形作る重要な役割も果たしています。未経験から経理の道を歩む方は、この一日の流れを理解し、必要なスキルや知識を身につけることで、企業にとって価値ある存在となるでしょう。

この記事は、経理の日常について基本を紹介しています。具体的なツールの使い方や、実際の業務フローについて深掘りしたい方は、各種専門書やオンラインコースを利用すると良いでしょう。そして、実際の現場で経験を積むことで、理論を実践に活かすスキルが身につきます。

2-4. 経理業務でのよくあるトラブルとその対処法

経理業務は、企業の財務健全性を保ち、スムーズな運営をサポートする不可欠な役割を果たしています。特に「第二新卒 経理 未経験」というキーワードで検索を行うと、多くの求人情報やキャリア形成に関するアドバイスが見つかります。しかし、経理業務は複雑であり、多くのトラブルが発生する可能性があります。ここでは、経理業務でよくあるトラブルとその対処法について探ります。

1. データ入力のミス 経理業務では、膨大なデータの入力作業が求められます。その中で、人為的なミスは避けられません。このようなミスを防ぐためには、データ入力の際に二重チェックのシステムを導入することが有効です。また、エラーを自動で検出するソフトウェアツールの使用も検討しましょう。

2. 不正アクセスやサイバー攻撃 経理部門は、企業の重要な財務データを保持しているため、サイバー攻撃のターゲットになりやすいです。定期的なセキュリティチェックと、従業員のセキュリティ意識の向上が必要です。また、データのバックアップを定期的に行い、万が一のデータロスに備えましょう。

3. 法規制の変更への対応 税法や会計基準は頻繁に変更されるため、最新の情報を常にキャッチアップし、業務に反映させる必要があります。法規制の変更に迅速に対応するためには、専門家と連携し、定期的なアップデートを行う体制を整えることが重要です。

4. キャッシュフローの管理 入金遅延や未払いが発生すると、企業のキャッシュフローに影響を与えます。顧客との明確な支払い条件の合意や、適切な債権管理を行うことで、このようなトラブルを最小限に抑えることができます。

5. コミュニケーションの不足 経理部門と他部門とのコミュニケーションが不足すると、予算計画や財務報告に誤解が生じる可能性があります。定期的なミーティングやレポートの共有を通じて、他部門とのコミュニケーションを強化しましょう。

経理業務は、企業運営のバックボーンとなる部門です。上記のトラブルを適切に管理し、対処することで、企業の財務を安定させ、持続可能な成長をサポートします。未経験から経理業務に携わる方は、これらのポイントを押さえ、日々の業務に活かしてください。

3. 第二新卒(未経験)で経理に転職するためのポイント

3-1. 資格を取得する

第二新卒の方が経理職に進む際、未経験であることがハードルとなることもあります。しかし、経理職は未経験者や第二新卒を歓迎する企業も多く、資格を持っていることで、そのハードルを下げることができます。特に、経理職においては、簿記の資格が非常に有利とされています。

経理職への第一歩: 簿記資格

経理職においては、日々の業務に「簿記」の知識が必要不可欠です。簿記資格は、経理の基本的なスキルを証明するものであり、第二新卒で経理職を目指す方にとって、強力な武器となります。簿記資格は、レベルに応じて3級から1級まであり、3級が基礎、2級が実務、1級が専門的な知識を証明します。一般的に初学者は三級から受験しますが、私は三級の受験は不要と考えます。実際に三級の受験をすっ飛ばしていきなり二級を受験しても、特に問題なく合格できたので急ぎでとりあえず取得したい!と考える人は、二級から受験をお勧めします。

経理のキャリアパスを築く

経理職においては、日次業務からスタートし、月次業務、年次業務へとスキルを広げていくのが一般的です3。初めての経理職でも、コツコツと業務に取り組むことで、徐々にスキルを身につけ、キャリアアップを果たすことができます。

経理職で求められるスキル

経理職では、数字に強いことはもちろん、コミュニケーション能力も重要とされています。また、正確性も求められるため、細かい作業が得意な方に向いています。第二新卒の方が経理職にチャレンジする際は、これらのスキルをアピールポイントとしてアピールすると良いでしょう。他部署とのコミュニケーションはかなり多いです。経理と聞くと科目でパソコンをカタカタしているだけの印象を持つ人が多いと思いますが、実際は全くそんなことはありません。

経理職の将来性

経理職は、企業の財務を支える重要なポジションです。そのため、経理スキルを身につけることで、将来的には管理職や専門職として活躍する道も広がります。第二新卒の方でも、経理職でスキルを身につけ、キャリアを築くことは十分可能です。

3-2. 求人は運の要素が大きい!焦らずタイミングを計ろう

求人は運の要素も大きい

経理職への転職、特に第二新卒としてのチャレンジは、技術やスキルだけでなく、「タイミング」も非常に重要な要素となります。市場の動き、企業のニーズ、そしてあなた自身のキャリアプランをしっかりと見極め、焦らず、最適なタイミングを迎えることが大切です。特に経理の求人は他の営業やエンジニアの求人と比較すると少ないです。

焦らず、自身のスキルを磨く

経理職への道は、未経験からでも十分に開かれています。焦らず、まずは自身のスキルをじっくりと磨きましょう。簿記の資格をはじめとする、経理職に必要な基本的なスキルを身につけることで、転職市場でのあなたの価値は高まります。

タイミングを見極めるコツ

求人は運の要素が大きいと言われますが、それを上手くキャッチするためには、市場の動きを常にチェックし、自身のスキルとニーズがマッチするタイミングを見極めることが大切です。情報収集を怠らず、自身のキャリアプランに合った求人が出てきた時に、しっかりとアクションを起こしましょう。

ネットワークの力を借りる

時には、人脈やネットワークを通じて、非公開求人の情報を得ることもあります。自身のキャリアを広げるためにも、業界のネットワークを広げ、情報交換の場に参加することもおすすめです。

4-4. 結論:未経験でも経理へ転職できます

経理は未経験からでも始められる職種です。資格取得やスキルアップをしっかりと行い、自分の強みをアピールしていけば、経理職への道はきっと開けます!

-Uncategorized